私は、自分の器用さを利用して絵を描いたり水筒を造ったりしてます。

 絵を描いては、まあクライアントさんから依頼が来るぐらいそこそこ絵は上手い法だと思います。自分の芸ですね。これで1か月まあピンキリですがそこそこな数字を挙げています。年度末になると年末調整をするくらいですかね。まあ数字までは言わないですがそんな感じです。後は、よく自撮りで使う近所に仲の好いオジサンがいるのでそこで竹をもらって水筒を造ったりしています。結構、原子的ではありますがお気に入りです。竹はいい匂いがするし、笹は物を腐らせないという特徴があるのでおにぎりとかに包むとけっこう日持ちするのです。ハムスターのゲージとかも造ったりしていますし、ほとんどがゲージ、棚とかは自作です。自分で造った方が安いですし、自分のやりたいようにできるので便利ですし楽しいです。できたものを買って造ってだと運ぶのも手間だし結構な大仕事になるのでそれが嫌だったりします。だから材料を買ってそれをばらして造るのです。その方が楽だったりするのです。お金 借りる 審査

国民年金と厚生年金の違いについて調べました

国民年金と厚生年金について調べてみました。
国民年金は20才から60才までの国民全員が受け取れる年金のことで、月約16,000円受け取れます。
それに対して厚生年金保険は、その国民年金にさらに上乗せされる年金のことで、対象となる人はサラリーマンなど、会社勤めをしている人です。
金額は、毎年の4月?6月の給料+ボーナスをもとに率をかけて出します。
厚生年金保険の額は、雇用主と加入者が折半して負担します。
受け取れる年金額は月約14万円です。
一般的に国民年金と厚生年金の2つを合わせた金額が老後に支給されるそうです。
さらに、民間の年金制度として、会社が年金として社員に支給する企業年金もあります。
国民年金制度は一階建て、国民年金+厚生年金が二階建て、さらに国民年金+厚生年金+企業年金の場合は三階建てと言われ、階数が高くなるほど年金が多くもらえるのだそうです。
これからもっとしっかり年金について勉強しようと思います。コンブチャクレンズ 楽天