ガン検診を受けなければ発見出来なかった袋

私はひょんな事から総合病院に通うことになりました。最初に乳腺外科に行ったのですが先生はその日二名いて一人は外科部長、もう一人は40代の先生で私はどちらかというと外科部長に担当して欲しかったのですが呼ばれて診察室に入ったら若い方でした。
第一印象は総合病院ではよくいそうなあまり愛想がない感じの先生で余り目を見て話すタイプでもなく笑うことなさそうな感じでした。
そこで私の心に変な火がついて帰りまでに一度は笑わせてやろうと思ったのです。
そこで診察の時にほぼ私が一人で話をしながら普通なら笑う所に来たのにあっさりスルーされてこりゃあ笑わせるの無理かもと思っていたら診断のすぐ後に皮膚科に昼から行くのと三ヶ月後に乳腺外科にまた見せに来て下さいと言われ、乳ガン等の病気の話をした後に帰り際に確認の意味で皮膚科に行くのと何だっけ?となり私が三ヶ月後にまた来ます!と言ったらくすっとやっと笑いました。
ちなみに私の診断は『乳腺膿疱』で乳腺に丸い小さな袋が出来て水が貯まる病気とは言えない病気でした。脱毛 単発