あの人、噛みまくってますが、裏で怒られてないのだろうか

私はラジオ派でからきしテレビジョンは見なく、布団に入ったらラジオを取り付けっぱなしだ。朝起きたときにも因る感じです。それで夜はNHKラジオの真夜中便を聞いているのですが、これである奴が凄く噛みまくっていのです。短時間のマガジンを話すだけですので氏名も一々覚えていませんし曜日も何時なのか覚えてませんが、おんなじ奴ですね。心から果てしなく噛むのです。私が喋ったほうが依然としてマシじゃないのと想うぐらいだ。それが面白くて面白くて暗闇な内部自ら笑ってます。私、殆ど笑う奴ではないのです。この些細な結果笑うコツがあるみたいです。NHKともなれば、ベテラン内側のベテランなはずなのに、ぐっすりこれ程噛むなあと。怒られないのかなあと思って聴いています。オーバーでなく何度も噛んでます。言い直すのがNHKのやり方のようで多少なりともイントネーションが違っても言い直してますね。他の放送みたく専ら行ってしまえってことはNHKはしませんね。いよいよそこは堅いですね。でも必ず面白くてそっち目的で真夜中便を聞いている部位もありますね。何時表れるのかなあと。ミュゼ 料金 キャンペーン

売り買いに払える!松下幸之助さんの想定

今回は「宣伝に使える、松下幸之助様の哲学」というため、統括の神様とまで呼ばれた松下幸之助様の思考を宣伝の本業に、どうして使いこなすかについて述べさせていただきます。宜しくお願い申し上げます。

松下幸之助様の思考の一つに「あからさまなこころ」という思考があります。
筆者はこのことがわからず「おとなしくする実態」を素直になること、と勘違いしていました。しかし松下様の著作を読み切るうちに、あからさまな心は「茶目っ気」という一種の「徳性」の感じではないか、と思い当たりました。
確かに宣伝の場面で仏頂面では売り払える商品も売れません。陰気な、よく近づきたくない人からは物を買いたくない気が一心にわかります。(みなさんも思い当たることがあるのではないでしょうか。)
また「あからさまなこころ」は「恵みを持つメンタリティ」とも考えられています。
恵みを持てば人々が何を求めているか人々用で練るので、必然的にカタチも売れ易くなりますね。
当たり前のことですが、考えてみれば奥深い。そういった哲学が松下様の正規には溢れています。みなさんもぜひとも読まれてみてはいかがでしょうか?