久しぶりに日本人の横綱が生まれるかもしれない

大相撲で最後の日本人横綱が若乃花だそうです。もう全く知らない方も多いと思います。それくらい前のことで、ここ数年は日本人力士の優勝が何度かありチャンスはあったと思います。
それでも連続で優勝する、ということはなくちょっと個人的にも諦めムードだったのですがまた日本人横綱誕生の機運が高まってきました。やはり外国人力士に押されてばかりでそろそろいいだろうという感じはしています。やはりハングリー精神などが違うからなのかなあと思っていますが、国技でもありますし強い日本人力士たちの活躍はずっと期待しています。
稀勢の里関がもう少しで優勝する、というところまできています。去年は最多勝であったのにもかかわらず、優勝することはありませんでした。ただ、今回優勝すればその最多勝ということも考慮されて連続優勝をしなくても横綱になれる可能性がかなり高まってきています。あと数日で決まりますが、是非とも優勝してもらいたいと心から思っています。