国民年金と厚生年金の違いについて調べました

国民年金と厚生年金について調べてみました。
国民年金は20才から60才までの国民全員が受け取れる年金のことで、月約16,000円受け取れます。
それに対して厚生年金保険は、その国民年金にさらに上乗せされる年金のことで、対象となる人はサラリーマンなど、会社勤めをしている人です。
金額は、毎年の4月?6月の給料+ボーナスをもとに率をかけて出します。
厚生年金保険の額は、雇用主と加入者が折半して負担します。
受け取れる年金額は月約14万円です。
一般的に国民年金と厚生年金の2つを合わせた金額が老後に支給されるそうです。
さらに、民間の年金制度として、会社が年金として社員に支給する企業年金もあります。
国民年金制度は一階建て、国民年金+厚生年金が二階建て、さらに国民年金+厚生年金+企業年金の場合は三階建てと言われ、階数が高くなるほど年金が多くもらえるのだそうです。
これからもっとしっかり年金について勉強しようと思います。コンブチャクレンズ 楽天