ある昼下がり、救急車の怒号がこだました。

昼休みにて。
職場に喫煙所がないので近くのコンビニで一服していたときのお話。
近くの交差点が赤信号になっていて、ほかの車が停車している後ろから救急車がサイレンを鳴らしながら走ってきた。

「赤信号直進します、緊急車両通ります。」

とアナウンスしながら走ってきて、赤信号を少し速度落として直進しようとしたところ、
青なので発進してしまった車と危うく衝突しそうになり鳴り響く急ブレーキとクラクションの音。
少し離れていてもわかる程大音量で音楽を鳴らしているらしく、ズンチャズンチャという音が鳴っている車が、
サイレンに気付かずに突っ込んできた模様。

その瞬間、

「サイレンの音きちんと聞けや!命かかってんだぞ!!!」

と救急車の中の人、アナウンスでぶち切れ。
救急車の中の人、怒る所初めて聞いたよ。

大きな音楽鳴らしている車が、一方的に悪いですね今回は。
救急車は一応、速度は落として直進したので落ち度はないですね。
サイレンの音が聞こえない程の大音量だったので、気付かなかったんでしょうが、
あまり大きな音鳴らして、車は運転してはいけません。銀座カラー 顔